意外と知らない脳出血の後遺症改善に役立つ治療法!【病気に勝とう】【Disease Care】

脳血管障害で悩んでいる人に

年齢を重ねていくと脳の血管が脆くなり脳出血や脳梗塞を引き起こしやすくなります。この病気は一度なってしまうとまた再発してしまう可能性があるので、予防の必要があります。脳血管障害は治療をする事ができます。実際に治療を受けた人の口コミを見てみましょう。

脳血管障害の人が治療を受けてみての口コミ

麻痺が少しだけ改善しました

3年前に脳梗塞になり右半身に少しだけ麻痺が残りました。片方に麻痺が残ると生活が不便で仕方なかったのですが、通院している病院で脳血管障害は治療ができますよと先生に教えてもらい試してみる事にしました。すぐに効果が出たわけではないのですが、リハビリをしながら治療を続けたおかげですこしだけ握力が戻りましたよ。

脳出血で倒れてから

仕事が忙しく食生活も不規則だったせいか2年前に脳出血で自宅で倒れてから車いす生活が始まりました。リハビリで腕も上げる事が思うようにできなくて悔しかったです。歩く練習も歩行する事がこんなに難しいんだと改めて実感し、自然にできた事ができなくなる辛さで毎日しんどかったのですが、脳障害治療で幹細胞治療を勧められたので一か八かで受けてみる事にしました。投薬後あんなに上がらなかった腕が持ち上がるようになり、足も力が入らなくて持ち上げる事が難しかったのですが、投薬後は少しだけ動かせるようになっていました。

麻痺で悩んでいました

脳出血で左側に麻痺が残ってしまい、利き手じゃないのは良かったのですが、やっぱり歩くのが思うようにいかないのが辛かったです。左に力が入らないので右半身に負担がいって膝が痛いのが悩みでした。投薬治療をしてから動きの悪かった左側が少しずつ動けるようになって歩行もしやすくなりましたよ。また、左側でも物が持ちやすくなりました!

脳出血になりやすい人とは?

女医

脳出血は、脳に血を起こる血管が破れてしまうと起こる脳卒中の病気の1つです。症状としては、突然激しい頭痛が起きたり、意識が朦朧としたり、言葉に障害が出たりします。脳出血の原因として、高血圧によるものが特に多いです。日本人はとくに高血圧の人が多く、食べ物でも味噌や醬油は塩分が高く料理の調味料として日頃から摂取する機会が多いのも高血圧になる確率を高めています。また、ご飯のお供の漬物も塩分が高いです。その他にも生活習慣病による原因も考えられます。生活習慣病には喫煙や運動不足、お酒の飲みすぎストレスなども挙げられます。血圧が高いまま放置し続けていると血を送る血管に負担がかかってしまい細い血管が耐え切れず破れてしまうのです。脳出血を予防する為には、健康診断を受けて自分の体の状態を把握し健康的な食生活や運動を行う事が大切です。

脳出血になってしまったら

脳出血になって麻痺が残ってしまった場合は、症状を軽くする為にリハビリ治療が必要になってきます。その理由としては、これからの生活で不便をしないようにする為です。後遺症で麻痺になった場合は、体の動きが制限されてしまいます。麻痺側の感覚が無くなり、力を入れる事ができません。腕や足だけでなく顔にも麻痺が出てしまうので、喋る事が難しくなってしまう人もいます。なので、麻痺があるからといって麻痺側をあまり使わないのではなく逆にたくさん麻痺側を動かす事で体の衰えを軽減する事ができます。脳出血で倒れて病院でのリハビリが終わっても自分で積極的にリハビリ施設を利用するようにしましょう。また、リハビリを一人で続けていくのは辛い事もあります。その場合は、趣味を見つけたり一緒に頑張る仲間を作るとリハビリを継続するモチベーションを落とさずに行えるでしょう。

検便検査の宅配キットを利用しよう

睡眠時無呼吸症候群の症状をチェック☆

広告募集中