生活習慣を見直して糖尿病のリスクを予防しよう!【Disease Care】

日本人に多い病気

糖尿病は日本人に多い病気です。糖尿病には種類があるのを知っていますか?後天性でなるものもあれば、先天性で糖尿病になってしまう場合もあります。また、妊娠をして糖尿病を発症してしまった、糖尿病だった事が分かったという場合もあります。糖尿病は、家系内に糖尿病の人がいると遺伝しやすく、食生活の乱れや運動不足によってなってしまうケースが多いようです。また、家系からの遺伝とは関係無く糖尿病になってしまう場合もあります。そのようなケースは自己免疫疾患による原因の可能性があります。その他にも病気の疾患などでインスリンの量が制限してしまい起こってしまう糖尿病もあります。

糖尿病の種類

  • 1型糖尿病
  • 2型糖尿病
  • 妊娠糖尿病

糖尿病の仕組み

医者

糖尿病は体の中に流れる血液に糖が多くなってしまう病気です。その原因は、糖の分解が正常に行われていない為です。血中の中にある糖を分解する役割は肝機能が行っているのですが、この肝機能がうまく働いていないと糖尿病になってしまうのです。それ以外だと、自己免疫疾患などにより自己免疫が糖の量を調節するすい臓の細胞を攻撃してインスリンを出す機能を破壊してしまう場合もあります。血糖の基準値は食べ物を食べる前に測って110mg/dl以下が正常です。逆に200mg/dlを超える場合は、糖尿病の疑いがあります。

妊娠をして糖尿病になる原因

カウンセリングを受ける男性

赤ちゃんがお腹の中にいると母親は赤ちゃんに栄養をたくさん与えてようとして血糖値が高くなる場合があるのです。また、胎盤でもインスリンが効かなくなるようなホルモンを分泌するので、その作用により妊娠糖尿病なってしまう事があるのです。糖尿病になってしまうとお腹にいる赤ちゃんには良くなので、血糖が高くならないようにコントロールする必要があります。妊娠中は、血糖値をこまめに測るようにしましょう。

血糖値を下がる作用がある食べ物

女医

食生活の乱れも糖尿病の原因になります。食べ物の中には血糖値を下げる作用がある食べ物もあります。野菜では玉ねぎやおくらが血糖値を下げる作用があります。玉ねぎは血糖以外にも血管が詰まるのを抑える作用もあるので、高血圧の人にもおすすめの野菜です。

広告募集中